NPO法人日本ソーシャルスクール協会

Facebook

電話でのお問い合わせはこちら

092-292-6747
TELMENU

NEWS & TOPICSお知らせ一覧へ

  • プログラミング

    2018.10.16

    Tip Tech Playgroundを開講します!

    お知らせ
  • 2018.04.24

    総務省『地域ICTクラブ』の公募がはじまりました。

    お知らせ
  • キッズプログラミング柳川教室オープンしました。

    2018.04.03

    キッズプログラミング柳川教室オープンしました。

    お知らせ
  • 2018.03.14

    第40回全国選抜高校テニス大会にワークショップブースを出展します

    お知らせ
  • 教育委員会・学校関係者の皆様へ、プログラミング教育について

    2018.02.26

    教育委員会・学校関係者の皆様へ、プログラミング教育について

    お知らせ
  • 2017.08.07

    イオン乙金 教室オープン記念コース開設しました

    お知らせ
  • 2017.06.28

    若年層に対するプログラミング教育の普及推進事業の日程及び公開日について

    お知らせ
  • 2017.05.18

    若年層に対するプログラミング教育の普及推進事業

    お知らせ

一覧へ

ABOUTソーシャルスクールについて

AI・人工知能やIoTなどの技術の進歩にしたがって社会も大きく変化しています。働き方や学校教育が変わり、より多様な選択ができる想像もつかない社会を生きていくことになります。 ソーシャルスクールではこれからの時代に必要なスキルをCST=Communication・Social・Technologyと定義しCSTを身につけ社会に対応し生きる力を身につけるため下記のコンテンツを提供しています。
子ども(幼児から中学生)には創造力を育むプログラミングを中心とした授業。 若者(高校生以上)には、多様な選択ができるキャリア教育。 ソーシャルスクールの講師認定制度。

ソーシャルスクールについて

ACTIVITY活動内容

ソーシャルスクールは
子どもには挑戦(Challenge)を、若者には選択(Choice)を、
大人は応援(Cheer)を、企業には変革(Change)の四つのCで
Chanceの場作りを行っていきます。

  • Challenge

    Challenge

    子どもには挑戦を

  • Choice

    Challenge

    若者には選択を

  • Cheer

    Challenge

    大人は子どもの応援を

  • Change

    Challenge

    企業には変革を

学校、教育委員会などの教育関係者の方々へ

2020年のプログラミング教育必修化への準備対応は進んでいますか。 ソーシャルスクールでは平成28年度『若年層に対するプログラミング教育普及推進』事業の経験をもとに、”準備をしたいけど、どうしていいかわからない”、”近隣地域に専門家がいない”などでうまく進んでいない方々を対象に出張講座を行なっています。

機材等を持ち込んで行いますので、場所の確保だけしていただければ、講座を行うことが可能です。 先生へのプログラミング研修、児童へのプログラミング体験などの提供を行っています。 お気軽にご相談下さい。

詳しく見る

MEMBER会員募集

ソーシャルスクールでは協会の理念に賛同し
一緒に活動をしてくれる会員を募集しています。
正会員からボランティア会員まで、
参加しやすい会員種別を選んで下さい。
会員についてご不明の点はお問い合わせ下さい。

CONTACTお問い合わせ

当協会へのお問い合わせや講演依頼、
活動内容へのご質問は
こちらからお気軽にお問い合わせください。